スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

鎌倉大仏 2008年5月 その2

2009.01.30(23:35)
[2/5に書きました]
前回の続きです。


■鎌倉大仏・おまけ


高徳院 公式ページ
鎌倉ぶらぶら 高徳院のページ

※写真クリックで大きく表示されます
大仏の前に置かれている香炉も大きいです。
デザインも凝っているので、近寄って見るのも楽しいです。

この香炉も、灯篭や大仏と同じく、江戸の豪商・野島新左衛門が寄進したもの。

この寄進を受けて祐天上人が復興したのは前回書いた通りです。

もともとは真言宗(鎌倉で山だし)⇒臨済宗(建長寺の末寺だった)⇒最後は大仏を復興した祐天上人の浄土宗、とそれぞれ納得する流れで変遷している高徳院なのでした。

大仏の前で、本格的に座り込んで祈っている人がいる・・・と思ったらチベット仏教系の方が真剣に五体倒地をされていました。

ワイワイ観光する人も、真剣に祈る人も一緒にいるごたまぜ空間。

静かで峻厳な宗教空間も好きですが、こういうなんでもありの雰囲気も懐が広い感じがしてそれはそれで楽しめます。

ただ、祈る人の邪魔はしないように気をつけたいですね。



別料金がかかりますが、「胎内めぐり」で、大仏の中に入ることができます。

このときはやらなかったのですが、何度か入ったことがあります。

到着直後はすぐに入れる感じでしたが、しばらくしたら30分くらいの間に列ができていました。
11時近くになると観光客が多くなるので、落ち着いて見たい方は朝がおすすめです。

胎内めぐりに挑戦したい方は、お早めにどうぞ。


昔、何度か背中の窓から外を見た記憶があります。

どうやら聞いた話では現在は階段が閉鎖されてしまって、そこまで登ることができなくなっているらしいですね。残念。




大仏の背後にはひっそりとした庭があり、観月堂があります。

レトロな休憩所で懐かしい感じのソフトクリームを食べてまったり。

混雑する昼前には帰途についた我々です。

時間の制約上一度にたくさんは廻らないコースを設定してるので、今回は行けませんでしたが、次は長谷寺の長谷観音も拝んでみたいと思っています。


よろしければポチっとな★してくださると嬉しいです(*^^*) ↓

<<インフルエンザが・・・ | ホームへ | 鎌倉大仏 2008年5月 その1>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/1259-f8840302
| ホームへ |
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。