スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

本日の学習【漢検1級】

2009.01.19(23:22)
[1/27にUPしました]⇒カレンダー埋め埋め。
昨日書きかけて時間切れになってしまった漢検記事デス。うっかりすると睡眠5時間切るので、ほんとうに気をつけよう。

まだ仕上げてない問題集をやっていると、いまだに初めて見る言葉やら、意味のわからない語やらがたくさんあって、「まだまだ世の中知らないことがいっぱいあるなあ」と新鮮な気分になります。

せっかく生まれたからには、生きてる間にできるだけこの世の中の色々なことを吸収しておきたいのう、という感じというか、学費の元をとるべくめいっぱい単位をとっちゃえ☆というという感じというか。

物理的に可能な範囲でアレコレ知りたいことは今後も続けて追いかけていきたいです。
1級漢字検定問題と解説」の復習シリーズ。




こちらは2010年度版↓


■本日の学習
ひきつづき、どうしても忘れてしまう訓読みシリーズです。

反転すると答えがでます。


読み方6 からピックアップ  183/200  合格!
  
読み 

龠 ※訓読み (ふえ)

霈 ※訓読み (おおあめ)

笳 ※訓読み (あしぶえ)



■本日の学習

それぞれを調べてみました。

「龠」
1.ふえ。三孔の竹笛。六孔、または七孔のふえ。簫(しょう)。
2.容積の単位。 =勺


角川の新字源の最後に出てくる字です。
部首は「龠」がそのまま「龠部」として扱われます。


ふき口のついた竹管をならべしばって作ったさまを表しています。

簫=排簫は、西洋ではパンフルートと呼ばれる楽器で幅が広いです。
排簫↓。




笙や篳篥など雅楽で使う笛も、竹管をしばってつくりますね。



角川 新字源
角川 新字源
posted with amazlet at 09.01.27

角川書店
売り上げランキング: 5670
おすすめ度の平均: 4.0
5 引きやすい漢和辞典だが、若干クセがある
3 画数表示がほしい




「霈」 
おおあめ。雨のさかんなさま。
水の流れるさま(=沛)

つい「ながあめ」と混同してしまいます。

「霖」「霪」 ながあめ 

「笳」 
葦の葉をまいて作った笛。多く胡人が用いた。

「胡笳」 こか
「塞笳」 さいか



もしこの記事が参考になりましたら、
よろしければポチっとな★してくださると嬉しいです(*^^*) ↓

<<猫タイプ診断・貯金力チェックテスト | ホームへ | 国語力テスト2009年1月>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/1246-0845ff7a
| ホームへ |
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。