スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

「我が教え子、ヒトラー」

2008.09.14(23:58)
[9/25に書きました]
先日、ドイツ語学習中の友人と見てきました。

以前に紹介した「善き人のためのソナタ」で主演した、故ウルリッヒ・ミューエが亡くなる直前に撮影された作品です。

「善き人のためのソナタ」レビュー


⇒ウルリッヒ・ミューエ死去についての当ブログの関連記事

「わが教え子、ヒトラー」公式サイト

「わが教え子、ヒトラー」 ダニー・レヴィ監督に聞く

このところ書きたい記事がたまりまくってるので、簡単感想で。
【あらすじ】
ストーリーの舞台は第2次大戦末期の、敗戦色が濃くなりはじめたドイツ。
すでに帝都ベルリンは空襲でぼろぼろ。
士気をあげるために派手なパレード&演説をを行おうとするゲッペルズたちですが、自信を喪失しているヒットラーは心の病気に。

そこで、ヒットラーが再び輝かしい演説を行えるよう、収容所に収監されていたユダヤ人名優グリュンバウム(かつてヒットラーに演説の指導をしたという設定)が演技指導の教師として呼び寄せられます。

ユダヤ人俳優はヒットラーに殺意を抱きつつも、演技指導ということでアレコレおちゃくったりしてゆくのですが・・・。


【映画について】
●全体の印象
もちろんフィクションなのですが、そこに描かれている本質は真実ではないかと思います。

ところどころに笑いが入り、コメディ仕立てではあるのですが、ナチスやヒットラーを揶揄する意図は伝わり、軽く扱っているわけではないことがわかります。

また、収容所や、収容所の友人が出てくるシーンなど、きちんとシビアな現実があちこちに顔を覗かせていて、全体的には「安心して大笑いできるコメディ」ではなく、「正攻法でなく、笑いでナチスを糾弾する戦争映画」という印象です。

面白いのですが、ラストや途中の経過など、気持ちよく笑い飛ばしておわり、という映画ではありません。

●鑑賞のポイント

ところどころ人名など字幕では省略されたりしてるので、まるきりナチスや当時のドイツなどを知らない日本人だと、ややついてゆくのが大変かも?

ちなみに控えてるパレードは、例のレニ・リーフェンシュタール(レニ役は登場しませんが、彼女は美人だ、という本人への言及が出てきます)による映像で有名なパレードで、実際の映像も入ってきます。

あと、父親に虐待されてたと告白するヒットラーですが、単なる映画の中のギャグではなく実際にこの事実はあったことは有名ですね。

これも本を読んでないとわかりにくかったかも。

友人も私もミラーの『魂の殺人』は読んでる(ついでに言うと『我が闘争』もね★別にナチスが好きなわけじゃないデス。念のため。)わけですが、そんな女子高生(そのときは別に知り合いではない)ってどうよという気もしないでもない。

魂の殺人―親は子どもに何をしたか
A.ミラー
新曜社
売り上げランキング: 94349
おすすめ度の平均: 5.0
5 真実です
5 すべての親御さん、すべての先生方に読んで頂きたい。
5 とても良い本です
5 人間の心の闇を知る


でも、若いうちにこのへんの本はぜひ読んで欲しいっす。
特に家から出られなくてしんどい思いをしてる皆さんは、読むといい。

あと、20代後半からは2~3年はあっという間なんで、10代をガマンして生き延びれば自力で脱出できるYO!とにかく生き抜くこと&生き延びることだけ考えてがんがれ。

殺される前に殺す方がいいけど、殺すよりも逃げる方がいいよ。ガマンできる範囲ならガマンだ。無理ならとにかく逃げること。
いい年した大人でもこれができない人があまりに多いけど、人生はサバイバルなんで生き延びる方法は考えようよ。手段はいろいろあるのがわかる年齢なんだし。
(それができない幼児は物理的に絶対に逃げられないから本当に可哀想だ)

あと数年で終わるから!!
もうね、年取ったら10年があっという間なんでね、10代って意外と短いよ!!


って何の話だ。

閑話休題。

それはともかく、一応ヒットラーの精神のゆがみの背景にも触れているのは、ドイツでは基本的な了解事項だからなのか?と思ったら、

エンディングロールでドキュメンタリーと思われる一般人への「ヒットラーって知ってる?」という質問にわりと多くの若者が知らないと答えてるシーンがあったのでびびった。

ここもフィクションなのか?

それとも、イマドキのゆとり世代って全世界で共通なのでしょうか(^^;)




以下、ストーリーについてちょっとネタバレ部分は反転

飼い犬(ドイツシェパードは大きい)にのしかかられる犬プレイをするヒットラー、
食べ方が汚いヒットラー、
泣き出すヒットラー、
夜中にグリュンバウムの家をたずね、子守唄で寝かしつけられるヒットラー、


と、どれも笑える「愚かで可哀想な子供」のようなヒットラーを描いていて秀逸なシーンですが、大笑いした後で、どこかに「笑いごとじゃないよなあ」という気分が残る、そんな映画です。

ゲッペルズなどは雰囲気出てますね。調度品などがとても洗練されてていい感じです。

あと、ヒットラー役の人ってあれつけ鼻してますよね?


どうでもいい感想としては、

友人(ドイツ人スキー)「ドイツ人モブの中に素敵なドイツ的風貌の男子が数人いた」
(ハゲスキー)「グリュンバウム役のミューエのうっすらとハゲた頭が素敵だった、後ろから見たシルエットといい、いい形だった」

がありますが、お互いに全くそんなことは気づかない部分で、見る人によって注目ポイントが違うことを実感しましたとさ。


えと、問題意識を少なからず覚えるため、完全なエンターテインメントとして見るのにはあまり勧められないし、その意味ではラブラブデート向きではないかもしれません。
(ちょっとしんみりするし)

ナチスの雰囲気などをおちょくるセンスや、当時の時代を感じたり、ちょっと考える映画を観たい、という場合にはおススメできると思います。




もしこの記事が参考になりましたら、よろしければポチっと☆してくださると励みになります↓



リーフェンシュタールの映像、DVDで出てます。

民族の祭典 (トールケース)
アイ・ヴィー・シー (2003-06-20)
売り上げランキング: 32401
おすすめ度の平均: 4.0
4 人類の進化が実感できる
4 フィクションとノン・フィクションの間で
4 最近、京橋フィルムセンターで見ましたが
4 オリジナルのドイツ版が見たい
5 価値ある古典!!

美の祭典 (トールケース)
アイ・ヴィー・シー (2003-06-20)
売り上げランキング: 34720
おすすめ度の平均: 3.5
3 「記録映画」をはみ出た映像
2 作品への敬意が無いDVD化。
5 民族の祭典』の続編。

レニ・リーフェンシュタール ART&LIFE 1902~2003 DVD-BOX
エスピーオー (2003-12-21)
売り上げランキング: 40033
おすすめ度の平均: 4.0
4 堪能しました

<<コードギアス反逆のルルーシュR2 第23話 シュナイゼルの仮面 | ホームへ | 本日の学習【漢検1級】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/1102-0f93dfd1
| ホームへ |
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。