スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

本日の学習【漢検1級】

2008.07.23(22:48)
[7/31にUPしました]⇒カレンダー埋め埋め。


本試験型 漢字検定1級試験問題集〈’08年版〉 (本試験型)」間違えたところを復習シリーズ。
11月ごろにやったときのものをピックアップ。 こちらは2009年度版↓
漢字検定ステップアップ30日準1級・1級 2009年度版 (2009)
資格試験研究会
実務教育出版 (2007/12)
売り上げランキング: 244361


■本日の学習


反転すると答えがでます。


第7回  159/200  不合格!<書き問題のミスが多かったですね 
  
読み 

麈尾 (しゅび)

黼座 (ふざ) 


甃砌 (しゅうせい) 

荐居 (せんきょ) 



■本日のポイント

意味を確認。

麈尾

獣毛などを束ねて柄をつけた仏具。=払具(ほっす)、払塵(ふつじん)
禅僧などが談話のときに手に持ってふる。

3CATSの関心空間に写真と解説があります。

麈は、大鹿で、その尾でちりを払い、他の鹿があとに従うというので、払子を作ったといわれています。

今日では、「麈」「四不像(しふぞう)」(=駝鹿 だろく)をさすという。

麈談 (しゅだん)

麈尾を手にもって談話する。転じてのんびりしたときの談話。




黼座

天子の御座所、玉座。
うしろに 黼依(ふい)(=斧の形をかいた赤い絹地の屏風)をおくのでいう。


「黼」
礼服の模様黒と白の糸で背中合わせの斧の形を刺繍する。また、その礼服。
ふつう天子が用いる。
あや、模様、彩り。転じて美しい文章のたとえ。



甃砌
石畳。



荐居

異民族が水や草を求めて移住すること。一説に、集まってすむこと。

「荐」は、しきむしろ、あつまる、かさねて、しきりに、などの意味を持ちます。

今日はここまで。

よろしければポチっとな★してくださると嬉しいです(*^^*) ↓

<<2008横浜5月散歩その2 キング | ホームへ | 本日の学習【漢検1級】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/1033-9ede9169
| ホームへ |
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。