2010年06月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 5月の江ノ島その11(06/30)
  3. 5月の江ノ島その10(06/29)
  4. 5月の江ノ島その9(06/28)
  5. 5月の江ノ島その8(06/27)
  6. 5月の江ノ島その7(06/26)
  7. 5月の江ノ島その6(06/25)
  8. 5月の江ノ島その5(06/24)
  9. 5月の江ノ島その4(06/23)
  10. 5月の江ノ島その3(06/22)
  11. 『学園天国パラドキシア』オリジナルドラマCD GHOST TRAP(06/21)
  12. 5月の江ノ島その2(06/20)
  13. 「耳をすませば」感想(06/19)
  14. 5月の江ノ島その1(06/18)
  15. 今頃完結おめでとう記事をうpするテストその1『プライド』 (06/17)
  16. とりあえず最近のTVbros.について言いたいこと(06/16)
  17. 「アリス・イン・ワンダーランド」(3D) 映画感想(06/15)
  18. ジム通い雑感(06/14)
  19. 本日の学習【漢検1級】(06/13)
  20. 本日の学習【漢検1級】(06/12)
  21. 本日の学習【漢検1級】(06/11)
  22. ウィーン・シェーンブルン宮殿劇場 オペレッタ「こうもり」(06/10)
  23. 新アクセス解析設置しました(06/09)
  24. GWの等々力渓谷その8(⇒二子玉川)・完結編 (06/08)
  25. GWの等々力渓谷その7(⇒多摩川) (06/07)
  26. 本日の学習【漢検1級】(06/06)
  27. GWの等々力渓谷その6(⇒多摩川) (06/05)
  28. GWの等々力渓谷その5(06/04)
  29. GWの等々力渓谷その4(06/03)
  30. GWの等々力渓谷その3(06/02)
  31. GWの等々力渓谷その2(06/01)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

5月の江ノ島その11

2010.06.30(23:36)
[7/27深夜にUPしました⇒カレンダー埋め埋めのため過去日付でUPしています]
さらにいきますよ。


■過去記事
5月の江ノ島その1
5月の江ノ島その2
5月の江ノ島その3
5月の江ノ島その4
5月の江ノ島その5
5月の江ノ島その6
5月の江ノ島その7
5月の江ノ島その8
5月の江ノ島その9
5月の江ノ島その10




※クリックで写真拡大




■サムエル・コッキング苑

明治13年(1880年)に横浜在住のアイルランド人貿易商のサムエル・コッキングが金亀山与願寺(現在は神仏分離され江島神社)の菜園敷地3800坪を買収し、庭園を造営したのがはじまり。

明治15年(1882年)には日本で3番目に古い植物園として開園しましたが、その後荒廃し、昭和になってから藤沢市⇒江ノ電へと経営が変わり、「江の島植物園」となりました。
ここで飼われていたタイワンリスが台風で檻が壊れた際に逃げて、鎌倉に住み着いたというのは有名ですね。

平成15年(2003年)に整備され、現在の「サムエル・コッキング苑」になりました。

さまざまな外国との記念モニュメントがあって楽しいです。





洋風庭園にバラなどが美しく咲いていました。
201005eno055r.jpg201005eno056r.jpg




201005eno057r.jpg201005eno058r.jpg右の写真、中央の樹のおくあたりが「江の島コッキング植物園温室遺構」です。


サムエル・コッキングは、日本人と結婚し、横浜の平沼で亡くなりました。
植物園を作って当時、東洋最大といわれた温室も造り、日本の植物を海外に紹介しています。
再整備工事のときに発見された温室のあとが、「江の島コッキング植物園温室遺構」として公開されています。

201005eno072r.jpg
近くから確認すると、レンガ造りなのがわかりますね。



もしこの記事が参考になりましたら、よろしければポチっと☆してくださると励みになります↓


スポンサーサイト

5月の江ノ島その10

2010.06.29(23:03)
[7/26にUPしました⇒カレンダー埋め埋めのため過去日付でUPしています]
さらにいきますよ。


■過去記事
5月の江ノ島その1
5月の江ノ島その2
5月の江ノ島その3
5月の江ノ島その4
5月の江ノ島その5
5月の江ノ島その6
5月の江ノ島その7
5月の江ノ島その8
5月の江ノ島その9




※クリックで写真拡大




■亀ヶ岡広場(つづき)



柵ごしに、海がよく見えます。
ここからは晴れていると大島まで見えるそうです。
201005eno053r.jpg



201005eno054_1r.jpg201005eno052r.jpg色々な花が植えられています。


海が見える柵のそばでゆうゆうと寝ていた猫。
この日はたくさんニャンコを見かけたのですが、どの子も天気がいいせいか、みんな気持ちよさそうにしてました。
201005eno051r.jpg


もしこの記事が参考になりましたら、よろしければポチっと☆してくださると励みになります↓



5月の江ノ島その9

2010.06.28(21:50)
[7/26にUPしました⇒カレンダー埋め埋めのため過去日付でUPしています]
さらにいきますよ。

江ノ島の観光コースの参考になりそうなページを見つけました。⇒エノシマ
江の島湘南鎌倉観光ガイド

■過去記事
5月の江ノ島その1
5月の江ノ島その2
5月の江ノ島その3
5月の江ノ島その4
5月の江ノ島その5
5月の江ノ島その6
5月の江ノ島その7
5月の江ノ島その8
5月の江ノ島その9




※クリックで写真拡大


■エスカー
中津宮をお参りしたあと、最後のエスカー乗り場へ。
江の島&エスカー初体験で浮かれていた管理人は、ようやく「エスカーの写真とってないじゃん!」と気づき、出口付近で慌てて撮ってみました。

うーん、ちょっとだけ雰囲気がわかればいいかな程度の写真になってますね。残念。
201005eno046r.jpg


江の島展望塔が見えます、



■亀ヶ岡広場


エスカーから降りると、すぐ亀ヶ岡広場という休憩所があります。
ちょっとした展望公園になっています。
201005eno047r.jpg



奥津宮をお参りする前に、展望塔付近を散策します。


もしこの記事が参考になりましたら、よろしければポチっと☆してくださると励みになります↓


5月の江ノ島その8

2010.06.27(22:23)
[7/26にUPしました⇒カレンダー埋め埋めのため過去日付でUPしています]
まだまだいきますよ。


■過去記事
5月の江ノ島その1
5月の江ノ島その2
5月の江ノ島その3
5月の江ノ島その4
5月の江ノ島その5
5月の江ノ島その6
5月の江ノ島その7



※クリックで写真拡大

■中津宮(なかつみや)



御祭神は市寸島比賣命(いちきしまひめのみこと)。
神名の「イチキシマ」は「斎き島」のことで、「イチキシマヒメ」は神に斎く島の女性(女神)という意味だそうです。

宗像大社では、辺津宮の祭神になっていますが、江ノ島神社では中津宮の祭神です。
2番目に生まれた女神だからでしょうか。

本地垂迹では、仏教の弁才天と習合して同一神とされています。

文徳天皇仁寿3年(853年)に創建され、元禄2年(1689年)に改築。
平成8年(1996年)に改修されて色鮮やかに蘇りました。
201005eno044r.jpg201005eno040r.jpg


201005eno041r.jpg暗くて良く見えませんが、江戸時代に奉納された石灯篭。この付近には歌舞伎界から寄進された石灯篭や、歌舞伎役者の手形、歌舞伎役者の植えた樹などがありました。
芸能をつかさどる弁天様への信仰が厚いことがわかりますね。


尾上菊五郎(七代目)・尾上菊之助(五代目)の手形201005eno041r.jpg


201005eno037r.jpg201005eno037r.jpgこのお宮から見下ろすとすごく綺麗な海が見えます。




もしこの記事が参考になりましたら、よろしければポチっと☆してくださると励みになります↓


5月の江ノ島その7

2010.06.26(21:31)
[7/26にUPしました⇒カレンダー埋め埋めのため過去日付でUPしています]
まだまだいきますよ。



■過去記事
5月の江ノ島その1
5月の江ノ島その2
5月の江ノ島その3
5月の江ノ島その4
5月の江ノ島その5
5月の江ノ島その6



※クリックで写真拡大

■辺津宮(へつみや)続き

そういえば、江島神社の公式ページにはおみくじのページがありますよ!
ときどき引いてみてメッセージをいただくのもいいかも。

本日は大体良い運勢で周囲の人を大切に&学問油断しないように、という結果がでました。納得。

延宝3年(1675年)に再建された、権現造の社殿です。
権現造は石の間造ともよばれます。
前に拝殿、「石の間」で繋いだだ後方に左右に長い本殿を置いた造り。
上から見ると「エ」の字に見えます。
201005eno035r.jpg


お参りした後、次のエスカー乗り場へ移動。

途中色々な生き物がいました。

201005eno037r.jpg亀とか。



猫とか。
寝姿がぷりちーすぎて思わず撮ってしまった(^^)
201005eno038r.jpg


201005eno039r.jpg途中、花壇がきれいに作られていました。


もしこの記事が参考になりましたら、よろしければポチっと☆してくださると励みになります↓


5月の江ノ島その6

2010.06.25(00:16)
[7/26深夜にUPしました⇒カレンダー埋め埋めのため過去日付でUPしています]
まだまだいきますよ。

調べながら江ノ島の歴史を勉強できるので、本人にとっては発見が多くて、記事作成はやっぱり楽しいのでした。


■過去記事
5月の江ノ島その1
5月の江ノ島その2
5月の江ノ島その3
5月の江ノ島その4
5月の江ノ島その5



※クリックで写真拡大


■エスカー乗り場

瑞心門からちょっと戻って、エスカー乗り場へ。



201005eno028r.jpgエスカー乗り場手前の様子。


そして、かの有名な江ノ電の江ノ島エスカーについに乗る日がやってきましたよ。

エスカーは昭和34年に国内初の屋外エスカレーターとして作られました。
最近(平成13~15年)になってリニューアルされています。

全部で4つのエスカレータです。

201005eno0029r.jpg今回は、江ノ島エスカー・江の島サムエル・コッキング苑・江の島展望灯台がセットになった 「江の島遊覧セット利用券」 を購入。
750円なり。


んで、エスカーに乗ったのですが、途中いろんな広告看板がありました。
微妙にレトロな観光地っぽい雰囲気です。
明るいのですが、トンネルっぽいところをエスカレータが延々のぼってゆく感じなので、広告がないと飽きるかもしれません。

■辺津宮(へつみや)

で、楽々と辺津宮へ到着。体力なくてすみません。<運動してるのに階段昇降はいまだに厳しい


こちらは、一番下に位置していることから、「下の宮」とも呼ばれています。

御祭神は田寸津比賣命(たぎつひめのみこと)。宗像三女神のうちの一。
権現造りのお社です。

土御門天皇健永元年(1206年)、将軍・源源実朝が創建。
延宝3年(1675年)に再建された後、昭和51年(1976年)に改築されました。

まず、エスカーから降りると、「龍の銭洗い」が目に入ります。割と新しい感じです。201005eno030r.jpg201005eno033r.jpg




201005eno031r.jpg201005eno036r.jpg江の島弁財天の奉安殿。
何かに似ていると思ったら、法隆寺夢殿をモデルにして作ったという建物でした。
昭和45年(1970)に建てられたものです。
中には鎌倉時代に文覚上人によって作られた重要文化財の八臂(はっぴ)弁財天と、有名な「裸弁財天」こと妙音弁才天が安置されています。


宗像三女神は、天照大御神が天の安河で素盞鳴尊と誓約をした際、素盞鳴尊の十拳剣の剣を三段に噛み砕いて吹き捨てた狭霧から生まれた3柱の女神です。

宗像・厳島系の神社は海の神・航海の神として信仰されています。

もしこの記事が参考になりましたら、よろしければポチっと☆してくださると励みになります↓




5月の江ノ島その5

2010.06.24(23:33)

[7/25にUPしました⇒カレンダー埋め埋めのため過去日付でUPしています]
どんどんいきますよ。


■過去記事
5月の江ノ島その1
5月の江ノ島その2
5月の江ノ島その3
5月の江ノ島その4



※クリックで写真拡大


■瑞心門付近

瑞心門をくぐって一回階段を登ります。



201005eno026r.jpg
瑞心門に飾られている片岡華陽筆「瑞心門唐獅子」。
平成7年(1995)奉納。対の緑色の獅子の絵があります。



201005eno025r.jpg階段を登ると、正面に弁財天と童子の像が。
平成14年(2002)に作られたもので、新しいです。


瑞心門から大鳥居を見下ろしてみました。
201005eno027r.jpg


このまま、瑞心門の階段を登っていくと辺津宮なのですが、根性のない我々は一旦戻って、瑞心門手前左側からエスカーに乗り込むのでした。


もしこの記事が参考になりましたら、よろしければポチっと☆してくださると励みになります↓


5月の江ノ島その4

2010.06.23(23:28)
[7/25にUPしました⇒カレンダー埋め埋めのため過去日付でUPしています]
8月までにカレンダー埋めるの・・・無理・・かも・・・。

毎週ほとんど週末は出かけてしまってるんで、暑くて帰宅したらそのままだるいよ眠いよ状態(単なる遊び疲れ)でネット関係放置という日々です。

プライベートで返事を書かないといけないメールが山盛りあって、10通/日とかあった日には書き終わったところで燃え尽きるという(^^;

いや、遊びに行ける状態も、メールやりとりできる相手がいる状態も大変にありがたいことだと思っているので不満は全然ないのですが、最近色々サボりすぎだと反省。

特に、勉強がッ・・・!

あと、納戸片付けようと思ったけどよく考えたらエアコンないんで無理!とか、色々暑さにかまけてさぼってます。ふう。

続けてるのは運動くらいでしょうか<ジム通いがマイブーム

ちょっとピッチあげていきます。


■過去記事
5月の江ノ島その1
5月の江ノ島その2
5月の江ノ島その3





■江ノ島神社

参道を登りきって、いよいよ江ノ島神社へ。



※クリックで写真拡大




201005eno022r.jpg赤い大鳥居の奥に見えるのは、瑞心門。
この鳥居と瑞心門は、江ノ島弁天橋からもよく見えました
白と赤で目立ちますからね。


橋といえば、放送大学附属図書館の、「鎌倉・江ノ島・箱根 江ノ島」のページを見ると、明治初年は江ノ島へわたる橋が出来ていない状態なのがよくわかります。

※橋の建造の経緯については過去記事「5月の江ノ島その2」参照

橋がないために、往来は引き潮の時に限られていて、観光地という感じではなく霊場という雰囲気だったようです。

長崎大学附属図書館の古写真で、最初の木造の弁天橋を確認できます。

江ノ島と弁天橋(1)





201005eno024r.jpg瑞心門。
明治期の江ノ島入り口の写真では、瑞心門は確認できません。
それもそのはず、昭和61年(1986)の建造なのです。
竜宮城を模したという竜宮作りの門。
片瀬江ノ島駅も竜宮城をイメージしてましたね。






瑞心門手前で右を見ると、赤い橋が。
橋の下の道は、帰りに通りました。
201005eno023r.jpg




もしこの記事が参考になりましたら、よろしければポチっと☆してくださると励みになります↓


5月の江ノ島その3

2010.06.22(00:03)
[7/26にUPしました⇒カレンダー埋め埋めのため過去日付でUPしています]
ぎゃー、お盆も終わってしまいました!!
梅雨時期をさわやかな写真で乗り切ろうとしていた当初の目的からはずれて、
カレンダーとは裏腹に今太陽ギラギラの真夏日まっさかりです。

スイカも食べてるし、花火はあがってるし、盆踊りもやってるし、子供たちは夏休みだよ!

そして管理人は夏のバイオリンの発表会と、コミケに向けて「ブログ更新してる場合じゃないんだけどマジでマジで」状態にあるのですがッ・・・!!

でも、言い切ったからにはカレンダー埋めるよ!8月までになんとか。

■過去記事
5月の江ノ島その1
5月の江ノ島その2 ⇒続きを読む

『学園天国パラドキシア』オリジナルドラマCD GHOST TRAP

2010.06.21(23:44)
[7/14に書きかけて7/24にUPしました]
肝心のコミックのレビューをする前に、届いたドラマCDについて語ってしまおうという管理人ですよ。

これ、5巻発売時に春に郵便振込で申し込んでいたのですが、すっかり忘れた頃に届いたのであせりました。
何かと思ったもの!

あの・・・応募券が入ってないミスのお詫びが着て、5巻のなんかを応募券がわりにとか言われたんだけど、どこやったかしら・・・。
小冊子ほしいんだけどどうしたらいいのママン。




学園天国パラドキシア、豪華声優陣によるドラマCD2作登場

学園天国パラドキシア 5巻 (IDコミックス)
美川 べるの
一迅社
おすすめ度の平均: 3.0
3 前は素直に楽しめていました



実は5巻、こちらの限定版にはまた別のミニドラマCDがついていたんですね!
近所で売ってなかったんで通常版の存在しか知らんかった!キー悔しい!



管理人が購入したのは誌上通販限定ドラマCD「学園天国パラドキシア GHOST TRAP」の方です。

もちろんキャストはミニドラマCDもこちらのCDも同じです。
これがものすごく豪華なんですよ。


主人公の退魔師・坂神練司杉田智和
人体模型の聖(あきら)石田彰
ヒロイン・大槻凛植田佳奈
淫霊Q子折笠富美子
ツンデレ生徒会長・不洞寧々井上麻里奈
オカルト好き・韮沢飛鳥川澄綾子
百合っ子巫女・宴夜浬鎖釘宮理恵
花子さん悠木碧
不洞守の片割れメガネ・日下部一成立花慎之介
不洞守の片割れメガネ・塚地七緒羽多野渉
父親 かっぱ他下山吉光
精霊 他後藤沙緒里

石田彰のキャスティングを見て、郵便局にお金を握り締めて出かけた私です。

これドラマCDなんですが、難を言うとトラック1しかなくって、パートごとに聴けないのが不便すぐるううう。

どうでもいいけど、杉田さんってハルヒのキョンとか、銀さんとか、化物語のアララギとか、ツッコミ系の役が異常に多いよね。
私が知ってる中ではどれ聴いても役柄が近いせいか、わりと似た声質で、一番違うな~と思ったのがフランシスさま(アンジェリークエトワール)かな。

石田さんは、今回は軽めの声で、私の求めるアスラン声ではなかったのが残念ですが、役柄上無理は言うまい。
石田さんは7色の声使いこなすし、銀魂でも老人声半端なかったよな~。でもアスラン声が一番好きだ。

↓コレ女役もやっててすごいっすよ!!妹に萌える!!!
⇒続きを読む

5月の江ノ島その2

2010.06.20(23:39)
[7/13に書きました][7/18に写真追加]
宣言した以上はなんとか埋め埋めする所存。

仕事は落ちついて来たはずなのですが、この夏はまたもやバイオリンの発表とコミケという2大イベントがあって、そっちに時間をとられはじめています。

まあ、後者の方はまだ全然手付かずですが、とりあえず2日サークル参加予定ですよ。
どっちも売り子つーか便乗みたいなもんですけどもw

今頃オフセ本の皆さんは地獄を見ていると思いますが、身体に気をつけて頑張って下さいまし<コピー本なので他人事モードに入っている


ただ、アニメ見る時間・・・が・・・。

TVもねー、いい加減地デジ化しないとね。

俺、新しいTV買ったら録画もできるようにしておくんだ・・・(現在我が家の録画媒体がアレコレ死んでます)。


■過去記事
5月の江ノ島その1





■江ノ島弁天橋

ここを渡れば、江ノ島です。

右下はちょっとした公園になっています(前の記事で見えていた木が生えているところ)。

※クリックで写真拡大

201005eno010r.jpg ⇒続きを読む

「耳をすませば」感想

2010.06.19(02:56)
[7/10にupしました]
いやー、ここんとこTVはジブリ映画特集ですね。
来週はハウルですが、ハウルはDVD持ってるからもういいんだ★
あと、こないだ『千と千尋の物語』もDVD買ってさんざん「ハクー!!」と騒いだからいいんだ★

耳をすませば [DVD]
耳をすませば [DVD]
posted with amazlet at 10.07.10
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2002-05-24)
売り上げランキング: 38
おすすめ度の平均: 5.0
5 やはり超最高 何か見た後凄く和める映画!!
5 素晴らしく素晴らしい作品!
5 耳すま最高
5 ふたり
5 懐かしい雰囲気


今回『耳をすませば』は公開当時はケッと思っていたところ、オットの人はじめとする観た周囲からの評価がよかったので、観るのを楽しみにしてましたよ。(態度豹変)

うん、面白かったです! ⇒続きを読む

5月の江ノ島その1

2010.06.18(23:44)
[7/7に書きました]
リアルタイムでは今夜は七夕ですよ。
そしてまたもや織姫彦星デートイベントは、雨天のため延期。
特異日ではないらしいですが、大抵雨ですよね。気の毒な遠距離婚ですのう。(二人は別居婚の夫婦)

そもそも梅雨時なんで仕方ないと言えば仕方ないですが、それにしても毎日雨が降っていて洗濯に苦労する日々なのではないでしょうか。

ここんところ管理人宅では、管理人とオットの人の両方にちょっとした運動ブームが来ていて、汗かいて着替えることが多いので非常に困ることですよ。

そんな梅雨空を吹き飛ばすべく、さわやかな江ノ島散歩記事シリーズ開始しますよ。

最終巻レビューはね、うん、なんか部屋中途半端に片付けたら、すぐに見つからないんだ。漫画。

だから先に、5月の散歩写真をUPしちゃいますよ。

そういえば、ここのところ月1回くらいの割合でオットの人と遠足に行っていますね。
ほんとに歩くだけですけどw

このところ晴れ女体質になったようで、行楽に出かけるときは大抵天気に恵まれます。


江ノ島、実は手前の江ノ島水族館までは行ったことがあるのですが、実際に上陸するのが管理人は初めてなのでワクワクです。

オットの人はちょくちょく出かけていて、江ノ島のお守りをもらいました。
そういや、龍神のお守りでした。
晴れ女効果はこのせいもあるかも?!


■片瀬江ノ島駅(小田急江ノ島線)

竜宮城のような外観が、観光気分を高めてくれます。
駅見ただけでついはしゃぎたくなる感じです。地元の人は見慣れているのだろうけども(^^;

※クリックで写真拡大

201005eno001r.jpg

片瀬海岸が傍にあるので、江ノ電の「江ノ島」駅とかぶらないように「片瀬江ノ島」という駅名になったらしいです。

江ノ電の「江ノ島」駅の方は、ハーフティンバーの落ち着いた風情の駅です。

この近辺にはそのほかに、湘南江の島駅(湘南モノレール)もあります。


片瀬江ノ島駅は、3つの駅のうちもっとも江ノ島に近いので、江ノ島に行くには便利です。

駅でたらすぐに橋。

境川に魚がいるのが見えますが、海水が流れ込んでいるので、どっちの魚なのだろうと思ったり。やっぱり海の魚でしょうか。


201005eno001r.jpg弁天橋
この橋を渡ると江ノ島の入り口に行けます。
右は橋の中央にあるオブジェ「雲の形」
201005eno001r.jpg


弁天橋から、江ノ島弁天橋(木が生えてるところ)と江ノ島、片瀬橋(すぐ前に見える車道。国道134号線です)が見えます。201005eno001r.jpg



時間切れなので短めです。

こまこま、一緒に歩いているような感覚で見ていただけると嬉しいです。

今頃完結おめでとう記事をうpするテストその1『プライド』

2010.06.17(00:55)
[7/6に書きました⇒7/7夜中にUP]
なんと、12月に舞台化されるそうです!脚本家は大石静。
どこまでストーリーをやるのだろうか。
最後までやるとしたらかなりはしょる予感。


一条ゆかり原作「プライド」舞台化される


3月から暖めているこの企画、実際に読み終えたのはさらに前なので、ちょっと昔の角川映画なみに構想に時間をかけている(わりにしょぼい)わけですが、管理人の気のすむように強引に推し進めますよ!

部屋の整理をしつつ「あ?レビューしようと思ってたのにどっかいっちゃったよ?!」という状況などにめげずに、少しずつ色々なことを片付けんと!


新しい漫画ですが、いくつか手を出しかけては
「線が異常に繊細すぎて目が疲れる」
「登場人物を覚えられない」
「若すぎるキャラの心情にまったく思い入れができずシンクロ率0すぎて管理人のエントリープラグ強制排出」
など、おそらく老化が原因と思われる現象に悩まされていて、なかなか開拓できないんだコレが!

ちなみに最近脱落した漫画をあげると
(以下、書き始めたら夜中のテンションで異常に長いチラ裏になったため、反転。読み飛ばしOK)
『黒執事』『桜蘭高校ホスト部』『だめんずウォーカー』。

『黒執事』は、ゴスロリなんちゃって貴族社会へのつっこみ部分はもともとあったものの、それはともかく、猟奇レベルが管理人のトラウマに触れるところまで来た感じなので精神衛生上自粛。

『ホスト部』は、もともと男装ヒロインに対して「トイレどーしてんの?」とか基本的につっこんじゃいけないところが多いのですが、結局なんというかそういうリアルな心配をしないで心から楽しめる状態でないと、ついていくのは無理っぽいからやめといた。
んー、これ本気で色々悩んだ人間にとっては一般人のお気楽な「ごっこ」すぎて、結局ノーマルな少女漫画という構図に気づくというか。

『だめんず』は、こういう女性がいて迷惑することが多かったんで理解しようと思って買い続けてたのですが(恐いもの見たさってのもありますが)、結局「このヒトたちの心理はわからん&あと、わかってもどうにもならん」というという結論にいたったため。

どれも面白いと思うんですが、多分管理人側が勝手に抱えてる心の闇が深すぎて(笑)単純にお気楽に楽しめない要素が大きくてやめた、と。

ちょっと、ここ数年色々疲れることが多かったので、精神に負担をかけるものは全て身の周りから減らしていこうということもありまして。

仕事をはじめとして、全部これから先は「選ぶ」ことを大事にしようと思っているところです。
人生そろそろ折り返しに来てるんで、生活できるための義務はそれなりに果たすけど、極力時間とお金と体力を大事に使おうと。

といいつつブログ書いてる管理人は、どんだけブログが大事なんだよと。

ええ、自己満足の世界と備忘録なんで、意外と大事なんですよ。



あと、多分思春期などの感性の違いもあると思う。
「あ、これ中学生とか高校生のときに読んでいたら激しくはまったかも・・・」と思う作品も多かったりするので。
これは漫画に限らず、映画や本にも言えることですが。

あと、一ヶ月のうちのホルモンバランスの変化の影響が大きめな人間のせいか、同じ作品に対しての感想がまるっきり変わってしまう(のを繰り返す)こともあるんで、結局受け取る側のコンディションの問題だなあとしみじみ思います。

少女漫画モードに入ったときは少女漫画を読み、それ以外の時は違う漫画を読んでる感じですね。

BL漫画も、激しく波がありますが、読むときは少女漫画読みたいモードの時です。
それ以外だと「え・・・男同士の何がいいんだろう。それ以前に別に恋愛ってどうでもよくね?」くらいにまで気分が戻る(ホント)のが自分でも不思議です。



ようやく本題に戻って。

■『プライド』最終巻(12巻)感想


プライド 12 (クイーンズコミックス)
一条 ゆかり
集英社 (2010-02-19)
おすすめ度の平均: 3.5
5 それでもやっぱり面白い
5 ブラボー!
5 ハッピーエンド?
2 プライドって。。。?
4 ストーリーよりセリフ
⇒続きを読む

とりあえず最近のTVbros.について言いたいこと

2010.06.16(00:00)
[7/5に書きました]
録画媒体の調子が一斉に悪くなってしまい、リアルタイムアニメ視聴を放棄している管理人です。

せめて録画してる「ガンダムW」「ガンダム00セカンドシーズン」をレビュー・・・と思ってはいるのですが、あまりの肉体的疲労(つっても、仕事というよりは、趣味で通ってるジムでの運動疲れなんで、心地良い疲労ですが)のために、すぐ眠くなる&音・映像の刺激がきついのでなかなか作業が進まないよママン!

このところ控えめになっているオタク活動のリハビリということで、まずはぼちぼちと感想を書きたいと思っていた漫画のアレコレについて、コマコマ記事にしようと思います。
ここんとこの記事の一覧見たら、なんか真面目なブログみたいになってるので、誤解させてしまうのも申し訳ないですし!

ちょっと前に書いた何をレビューしようか自分用にメモった記事を確認してみました。

・・・。


訂正)⇒結構前でしたorz


TVBros.で連載中のおおひなたごうの『特殊能力アビル』は、その後もとどまるところを知らず、大変な展開に。 ⇒続きを読む

「アリス・イン・ワンダーランド」(3D) 映画感想

2010.06.15(22:26)
[7/5に書きました]
かなり前になりますが、「アバター」に続いて3D映画を観て来ましたよ。
こればっかりはDVDでは再現できないので、なるべく劇場に行きたいと思っていたのでなんとかギリギリにすべりこみました。

3D映画の場合はオトクなレディース割引などがないので、今回は通常料金です。

以下、ネタバレ感想。

アリス・イン・ワンダーランド ブルーレイ+DVDセット (ファンタジー・アートケース 特典付き) [Blu-ray]
(2010-08-04)
売り上げランキング: 30
おすすめ度の平均: 3.0
1 素直な感想
4 最後が…
5 さすがですね
4 不思議な魅力
2 余りに…


もうすぐDVD出るんですね。 ⇒続きを読む

ジム通い雑感

2010.06.14(02:15)
[7/3に書きました]

花粉症を克服し、冷え症が改善した管理人の最近の健康状態をちょいご報告です。

今年は心身のコンディションを整えることを第一にしているので、仕事が終わるとジムに通って黙々と鍛えているところです。

いやー、予想外にはまった!

強制されない&自分が好きなメニューを自分の目標に向かってこなす、という一人上手な取り組み方(勉強も全部そうですが)が、いい感じにフィット。

体調と相談しながら無理せず、気分次第でマシンやったり、レッスンしたりをこなしております。

腹筋はとくに必要がないので、下半身と上腕・胸あたりにしなやか筋肉をつけるという目標でマシンをやったり、ストレッチしたり、ゆっくりですが結果が出てきているのでやりがいがありますね。

気づくとマッスル兄貴のように、ついた筋肉をチェックしている自分がいます。
なんとなく女子(女子と言い張るテスト)としてはどうかという気もしなくもないですがw ⇒続きを読む

本日の学習【漢検1級】

2010.06.13(01:00)
[7/3にUPしました]
仕事して運動したらものすごく、眠いです・・・。
滝のように汗をかいてシャワーも浴びてきたので、あとはドイツアルゼンチン戦を見ながら記事書いて寝るだけです。
  ↓
(記事を書き終えました)
  ↓
うわあ、4-0でドイツの圧勝ですね! ⇒続きを読む

本日の学習【漢検1級】

2010.06.12(01:05)
[7/2にUPしました]
さくさく行きますよ。 ⇒続きを読む

本日の学習【漢検1級】

2010.06.11(00:43)
[7/2にUPしました]
忘れていた頃に、漢検協会から機関誌への合格者氏名掲載のお知らせが届きました。

あれ、去年合格したんだったっけ。
あまりにも漢検の勉強をさぼって、マッスルな日々を送っているせいか、すっかりと遠い日の出来事のような感覚になっております。

個人情報の観点から速攻で漢検協会に電話して、掲載辞退をしたチキンな管理人なのでした。


かなりさかのぼってのカレンダー埋め埋めですが、6月のノルマ漢検記事いきますよ。

うー、仕事との兼ね合いと新たな趣味=ジム通いが、勉強とオタク活動の時間を圧迫していますね。

夏までにはペースを戻したいです・・・て、もう夏でした!!

そろそろ仕事が落ち着いてきたので、8月までにはカレンダーを埋めるようにします(断言)。 ⇒続きを読む

ウィーン・シェーンブルン宮殿劇場 オペレッタ「こうもり」

2010.06.10(01:18)
[7/1深夜にUPしました]

■ウィーン・シェーンブルン宮殿劇場 オペレッタ「こうもり」
~マリー・アントワネットが愛した伝統の劇場~


Bunkamuraオーチャードホール


J.シュトラウス2世:喜歌劇「こうもり」


指揮:ロベルト・ツェルツァー
管弦楽・合唱:ウィーン・シェーンブルン宮殿劇場管弦楽団・合唱団

アイゼンシュタイン(バリトン):ペーター・エーデルマン(Peter Edelmann)
ロザリンデ(ソプラノ):エリザベート・フレッヒル(Elisabeth Flechl)
アデーレ(ソプラノ):ハイディ・ヴォルフ(Heidi Wolf)
アルフレード(テノール):ヴァレリー・ゼルキン(Valeriy Serkin)
ファルケ博士(バリトン):アルフレード・ベルク(Alfred Berg)
オルロフスキー公爵(カウンターテナー!!):ヨッヘン・コヴァルスキー(Jochen Kowalski)

フランク(バリトン):ホルゲ・ナザララ=ファピエ(Jorge Nazrala-Favier
ブリント(テノール):ダヴィド・アメルン(David Ameln)

フロシュ(俳優):フランツ・スーラーダ(Franz Suhrada)
イーダ役(バレリーナ):ウルスラ・サメイト(Ursula Szamelt)



2010061002.jpg
⇒続きを読む

新アクセス解析設置しました

2010.06.09(21:55)
先週書きかけた記事が絶賛放置中の管理人です。すみません、生きてます。
アニメまだ見られてません。
でも仕事と家事と運動はなんとかやっております。

今書いているのはGWのお出かけ記事だったりしますが、梅雨でじめじめしたしているときに爽やかな初夏の写真をUPできればなーという感じです。


このバタバタしているときに限ってFC2の旧アクセス解析が急にサービス終了してしまいました。
(お知らせはあったかもしれませんが、全力でスルーしてたっぽい・・・だって面倒くさいんだもん!!)

めったにチェックしないのですが(ブログバレを警戒してたまにチェックしてたのですが、もういいやという状態ですし・・・ええ。<バレ人数が拡大してやる気がなくなったらしい)、ページを表示するたびに
「アクセス解析サービスはおわったっつーの!いい加減なんとかしろって感じぃ。YOU、さっさと新解析サービスに移行しちゃいなよ!」というメッセージ(意訳)が一々出てイラッとするので、仕方なく変えましたよ。

ちょ、今こんなことやってる場合じゃないっつーのに!と思いながら作業したんですが、
普通にログインして、編集用タグを貼り付けて終了。

・・・10分もかからねえ・・・。

なぜもっと前にやっておかなかったのかという気もしなくもないのですが、
追い詰められないとやらない管理人なのでした。

とりあえず最近空いた時間はほとんどジムで運動してるか、
家事してるかたまに図書館行ってるかという感じで、いまだかつてないほど健康的に過ごしているのですが、オタク活動にしわよせが・・・!

やっぱりエアロビクスは体質的にあわないのですが、ラテンのダンスは好きなんですよ。
もっとうまくなってどっかラテンが踊れるクラブみたいのに行けるといいなあ。

さらに言うと、人と組んで踊るよりも一人で自由に踊れる方が性格にあってるんで、やっぱりソーシャルよりラテン向きなんだというのも再確認。

太極拳はまだまだ初心者。
ヨガ・コアピラティスその他ストレッチ系は得意なポーズとそうでないものの差が激しいので、自分の体のくせがよくわかって面白いですね。

勉強は、漢検記事で漢字の勉強のほかは、.comMasterと英語のリハビリをしています。
しかし、毎日というわけにいかないので、できるだけ毎日できるようにしていきたいところです。


ということで、近況報告&ブログ更新メモ(自分用)でした。

GWの等々力渓谷その8(⇒二子玉川)・完結編 

2010.06.08(23:45)
[6/30にUPしました]
キャー!!油断してたら6月が終わるううう。
あれですよ、うん、6月って30日しかないからね!
でもって梅雨に入ったから、洗濯ものとか色々あるしね!

(以下言い訳数行省略)

えー。

気を取り直して、等々力お散歩完結編いきますよ。
今回は、おまけです。 ⇒続きを読む

GWの等々力渓谷その7(⇒多摩川) 

2010.06.07(00:00)
[6/21にUPしました]
後からカレンダーうめうめの超マイペース更新をしている拙ブログですが、一応実際の公演日より前の日付でレビューを書いたりするのはなんとなく気持ちが悪いので、6/10に見た舞台の記事を書きたいがために、先にお散歩記事を完結させることにしますよ。




前の記事はこちら。

GWの等々力渓谷その1
GWの等々力渓谷その2
GWの等々力渓谷その3
GWの等々力渓谷その4
GWの等々力渓谷その5
GWの等々力渓谷その6(⇒多摩川) 

しばらくバスを待ちながら、川原の風景をのんびり楽しみました。
⇒続きを読む

本日の学習【漢検1級】

2010.06.06(23:22)
[6/21にUPしました]
夏至です!
夜になってもしばらく明るくて嬉しかったのですが、明日からまた少しずつ暗くなってゆくのですね。

太陽の出てる時間=暑さのピーク、というわけではないのがなんとなく不思議な感じがします。

とりあえず、6月のノルマ漢検記事に着手します。 ⇒続きを読む

GWの等々力渓谷その6(⇒多摩川) 

2010.06.05(00:15)
[6/20に書きました⇒6/21深夜UP]
油断するとすぐに更新がとまってしまい、ワールドカップもオランダ戦終わってしまったという状態。

うん、予想よりも頑張ってたよね日本!
ハラハラするのでサッカーは基本的に見てないですけども!
サッカーって見始めると目が離せなくなるんで、90分の拘束はキツイ&ストレスがたまるので、チラ見に徹してハイライトだけ見るというスポーツファンに怒られるような有様の管理人ですよ。



前の記事はこちら。

GWの等々力渓谷その1
GWの等々力渓谷その2
GWの等々力渓谷その3
GWの等々力渓谷その4
GWの等々力渓谷その5

等々力不動を出たので、そのまま多摩川までぶらぶらと散歩しました。
なんでもない住宅地は、人も少なくてストレスなくお散歩向きなのです。

ぶらぶらして最終的に川原に出る、というパターンが好きなのは、最後に目の前がひらけて爽快だから。

ただ、特に何か物珍しいものがあるわけでもないので、ほんとにノンビリしたい人向け&淡々散歩スキー向けかも。

同じノリを共有出来ない場合、特に付き合いはじめのカポーがこれやると、ヘタすると「こいつとのデートつまんね」と思われる可能性があるので、セオリー通りのオサレスポットあたりに行った方が安全かもしれません。 ⇒続きを読む

GWの等々力渓谷その5

2010.06.04(23:06)
[6/16に書きました]
蒸し暑いいいい!

この頃の写真見ると、爽やかな空気が懐かしい!
このときは暑かったけど湿度低くて爽やかだったよ!!

最近生姜で体質改善して体温上がって花粉症が治ったのはいいんですが、その上に運動始めたら、今まで以上に身体が燃えやすいようになったらしくて、ちょっとなにかあるとものすごく汗をかきます。

汗をかかない体質だったのが嘘のようで、ちょっと掃除したり動いただけでも胸の谷間(と言ったらオットの人から「そんなものないですよ」とつっこまれましたがスルー)に汗が滴り落ちるという驚愕の事態に。

不思議と顔には汗かかないので、汗かいてるように見えないんですが、すごいです。
とっととシャワー浴びないとかぶれてしまう!

そんな季節になってますが、そういや防虫対策・防湿対策がまだだった!と今頃気づく管理人なのでした。皆様は大丈夫ですか?



前の記事はこちら。

GWの等々力渓谷その1
GWの等々力渓谷その2
GWの等々力渓谷その3
GWの等々力渓谷その4




等々力渓谷のページ


※クリックで写真拡大

前回の最後の写真にあった階段を、ものすごく息を切らせて登りきりました。
体力不足を実感したので、その後体力つくりに励んでいる今日この頃なのでした。

そう、管理人しのぶんの今ハマッているのは、昔は考えられなかったことにジム通いなのです。
しなやか筋肉をセルライト撲滅のために日々鍛えておりまっする。<文章まで筋肉に侵食されている

不動の滝を見るたびに思うのですが、滝行できる程度の体力が欲しいですよ。いや、多分しないけど。 ⇒続きを読む

GWの等々力渓谷その4

2010.06.03(22:22)
[6/16に書きました]
この記事と漢検記事をUPしたら、たまったマンガとアニメとその他のレビューして、バトンを消化したいと願う管理人なのでした。

前の記事はこちら。

GWの等々力渓谷その1
GWの等々力渓谷その2
GWの等々力渓谷その3



等々力渓谷のページ


※クリックで写真拡大

湿地帯をずんずんいくと、左手に等々力渓谷三号横穴があります。

かなり良好な保存状態の横穴墓で、東京都指定文化財に指定されています。
3体以上の人骨(男・女・子供)が埋葬されていたこの古墳、かなり副葬品も豊富に出土しているそうです。


3号横穴はガラス越しに中が見られるようになっていたりしますが、当日は華麗にスルーしてしまいましたとさ。(1、2号横穴は跡のみ)

そういや、この日はことごとく古墳系はスルーして散歩してました。


201005td17r.jpg群生していたシャガ。この花好きなので、つい見つけると撮ってしまいます。
⇒続きを読む

GWの等々力渓谷その3

2010.06.02(23:57)
[6/15に書きました]
入梅のこの時期にあえて5月の爽やかな写真をお届けするという企画、いかがでしょうか。


うん、ホントはたまたま記事作成が遅れに遅れたってだけなんだ★

見てる人がいようがいまいが管理人の気が済むまでストックしまくってる記事&写真をUPしまくっておりますよ。



前の記事はこちら。

GWの等々力渓谷その1
GWの等々力渓谷その2



等々力渓谷のページ


※クリックで写真拡大

201005td12r.jpg前方に見えるのは玉沢橋です。上を通っているのは環八(環状8号線)。
⇒続きを読む

GWの等々力渓谷その2

2010.06.01(23:19)
[6/15に書きました]
仕事がやっとこさ落ちついたので一気に更新してみるテスト。
アニメ視聴はこれからしますー。

前回の記事。

GWの等々力渓谷その1



等々力渓谷のページ

※クリックで写真拡大

201005td07r.jpg流れているのは矢沢川で、この川は多摩川に流れてゆきます。
コイ、モツゴ、アユ、ドジョウ、メダカ、ハゼ、カワムツが生息しているとのことです。
緑とこの川の流れのために、降りてみるとひんやりとしていて気持ちいいです。


⇒続きを読む
| ホームへ |
カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。