[本]和書

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. とりあえず最近のTVbros.について言いたいこと(06/16)
  3. いまさらですが「ハリー・ポッター」最終巻読みました(04/03)
  4. 明治文学イイヨイイヨ(・∀・(02/12)
  5. 今週の地雷本(01/19)
  6. 天体戦士サンレッド アニメファンブック(09/27)
  7. 柳原可奈子の本&初マカロン(05/12)
  8. 近代文学と漢検1級について(09/16)
  9. スピリチュアル本すぺさる☆(11/27)
  10. おすすめのお散歩地図(11/25)
  11. 最近読んだオタク関連本(11/07)
  12. 美術検定の問題集(07/25)
  13. スー・グラフトン キンジー・ミルホーンシリーズ(07/20)
  14. なつかしの昭和(06/02)
  15. 古典のすすめ・源氏物語(07/05)
  16. 音楽関連本(06/23)
  17. 読書速度の判定テスト(04/29)
  18. エイプリルフールネタ(04/02)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

とりあえず最近のTVbros.について言いたいこと

2010.06.16(00:00)
[7/5に書きました]
録画媒体の調子が一斉に悪くなってしまい、リアルタイムアニメ視聴を放棄している管理人です。

せめて録画してる「ガンダムW」「ガンダム00セカンドシーズン」をレビュー・・・と思ってはいるのですが、あまりの肉体的疲労(つっても、仕事というよりは、趣味で通ってるジムでの運動疲れなんで、心地良い疲労ですが)のために、すぐ眠くなる&音・映像の刺激がきついのでなかなか作業が進まないよママン!

このところ控えめになっているオタク活動のリハビリということで、まずはぼちぼちと感想を書きたいと思っていた漫画のアレコレについて、コマコマ記事にしようと思います。
ここんとこの記事の一覧見たら、なんか真面目なブログみたいになってるので、誤解させてしまうのも申し訳ないですし!

ちょっと前に書いた何をレビューしようか自分用にメモった記事を確認してみました。

・・・。


訂正)⇒結構前でしたorz


TVBros.で連載中のおおひなたごうの『特殊能力アビル』は、その後もとどまるところを知らず、大変な展開に。 ⇒続きを読む
スポンサーサイト

いまさらですが「ハリー・ポッター」最終巻読みました

2010.04.03(01:43)
今頃やっと最終巻「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)を読み終わった、マイペース道を極めつつある管理人です。

なんで今頃なのかというと話は長くなりますが、


蔵書を増やしたくないという理由で(特にハリー・ポッターシリーズって大きくてかさばるし!)、この本は図書館で予約してたんですよ。
出た直後で速攻で予約していたにもかかわらず、一向に回ってくる気配のないまま2年以上たつわけですよ。

確認したら予約件数が700件超えてました。

・・・うん、一人が一日で返却したとしても最短で2年近くかかるよね。
2週間期限ギリギリ借りたとしたら・・・一体いつになったら回って来るんだああああ!!!

「YOU、あきらめて買っちゃいなよ!」
と周囲から散々言われてたのですが
なんかここまで待って、しかも一生懸命ネタバレ情報から遠ざかって、結末を知らないように頑張ってた努力を無にするのもなんだかなあ・・・と思って、
ちょっと意地張って買ってなかったんですよ。


しかし、先日ついに古本屋で発見してしまったため、
「もう我慢できない!ハアハア」(変態か)
と発作的に購入してしまいましたよ。



買ってよかったです。

読んだ直後かなり興奮した(今頃)管理人は、当然その萌えをぶちまけたくて仕方ないのですが、なぜか周囲はハリポタ未読の人々ばかり・・・。



オットの人なんて、最終巻で誰が死ぬとか全部ネタバレ知ってるくせに、読んでないんですよ。おかしくないかそれ。

そして、「読んでなくてもいいから聞いて!どうせネタバレみてるんでしょ!」

というと
「このあと読むかもしれないから物語の核心部分についてのネタバレはダメ」
と聞いてくれません!!

オットの人のケチ!愛が足りないよ!!

仕方ないので未読(3ページで原書挫折、とか、映画1作目途中で寝たとかのレベル含む)の皆さんに、一方的に萌えを垂れ流す迷惑な管理人ですが、やはり未読なだけあって、イマイチピンと来ない反応(アタリ前)しか得られず。

ここはもう、やはりブログでぶちまけるしか・・・!


思えば、アニメ感想書いたのもそういう
<誰にもきいてもらえない萌えのやり場をなんとかしたい」というのが動機でした。



ファンはとっくに読んでると思いますが、しのぶんのようなマイペース人間の人もこの世のどこかにはいると思いますので、

以下は激しくネタバレなので一応気をつけて!!

と注意しておきますよ。

続きは暑苦しい萌え語りを読む元気のある人&ネタバレOKな人だけGO!

「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)
J. K. ローリング
静山社 (2008-07-23)
売り上げランキング: 499
おすすめ度の平均: 4.0
5 ありがとうハリー
3 面白い
5 J.K.ローリングさん、ハリー達ありがとう!!
5 ハマりすぎ
4 家族のために注文しました。
⇒続きを読む

明治文学イイヨイイヨ(・∀・

2010.02.12(01:55)
[2/14深夜にUP]
いやー、始まりましたねバンクーバーオリンピック!!

夜に開会式見ましたが、面白かったです。
お祭りって感じが楽しい。

北京オリンピックのときは、面白いには面白いけど選手入場が長時間過ぎて、見てるこっちも疲れたけど「先に入場した選手達大丈夫か?!」と心配だったりしましたが、今回はちょうど良い感じでした。

それはさておき、この数年は「しばらく読んでなかった小説を読もう(特に名作を!)」キャンペーンを展開している管理人です。

ああああ、まだ去年の読書記録がおいつかねえ!
(手帳にメモしてあるのですが、読書記録兼書籍情報をACCESSでDB化してるんですよ実は)
⇒続きを読む

今週の地雷本

2010.01.19(06:45)
[1/26に書きました]
起きて仕事したついでに自戒のためにメモメモ。

ここんところ面白おかしく暮らしてたので、今なら大丈夫!!と思ってうっかり読んだ本が、なんだかものすごく重くて自分にはムリでした。

読んでる最中もかなりダメだったのですが、読み終えてからもじわじわきて結構なダメージ。

これほど「読まなきゃ良かった」と思った本は初めてかもしれんです。

なんで読んじゃったんだ自分のバカバカ!!という感じですよ。

下巻あるけど読むのやめました。


夜とか極度に不安定になってしまい、眠れなくなってしまう自分を発見。

管理人の場合は「許しがたい」と「恐い」という気持ちが増幅してしまい、攻撃的な精神状態になってしまうので、いいこと一つもないな、と。
もうちょっと突き放して読む姿勢がないといけません。

実録犯罪物は今後の人生でなるべく読まないようにしよう。

未解決の猟奇殺人の謎を解くというノンフィクションの本なのですが、作家自身の死んだ父親が犯人ではないかということが次第に明らかになってゆく、息子による糾弾の書でもあるというのが非常に複雑な部分です。

これ読んでマン・レイがなんかイヤになってしまいました。

題名はあえて出しませんが(うっかり読んで具合が悪くなる人が出るといやなので)、この本に限らず、あまりにも凄惨なものは管理人の場合は読まないほうがいい、という当たり前の結論にいたりました。

すんませんチキンなもんで。

しばらくは軽めで、健全な本を読もうと思います。



天体戦士サンレッド アニメファンブック

2009.09.27(01:55)
[9/29深夜にUPしました]
ネト復帰して第1弾の記事がこれっていうのもなんですが、もうすぐアニメ第2期も始まるので、お知らせ代わりに。

天体戦士サンレッド ヤングガンガンの公式ページ

上記記事で、コミックの第1~3話が立ち読みできます☆

天体戦士三レッドTVアニメ第2期は 
テレビ神奈川にて10/3 より毎週土曜23:30~ 放送開始です。




で、買っちゃいましたとも。アニメファンブック。
フロシャイム便り出張版 天体戦士サンレッド アニメファンブック

新紀元社
売り上げランキング: 7143
おすすめ度の平均: 4.0
4 惜しい、惜しすぎる1冊


しょっぱなから川崎市の高津区長とヴァンプさまが対談してるwwww!!

OPで実写版のMADを作っていらっさる方もいましたが、アニメに出てきたモデルになった場所についても、色々情報が出ているぞ!

これを片手に溝の口を回ることもできるという、非常に川崎愛にあふれた一冊。

ヴァンプさまは住民登録すればいいと思う(高津区長に多摩川のタマちゃんのように、区役所を住所ということにして住民登録してみては?と提案されてました。区長GJ!)

しかし、音楽をはじめとして、かなりクオリティの高かったアニメ現場の事情を初めて知りました。
音楽関連は半分関係者をだまして(笑)低予算で乗り切れたらしいwww

あと、EDを歌ってる人が、ヴァンプさまの料理コーナーを担当してた
なんて初めて知りました。あれ、自宅のキッチンで撮影
してるらしいですよ。

サンレッドはじめとして声優さんはみなさん兼役というのもいまさらながら気がつきました(遅い)し、制作現場の色々な話を読むことができて、買って大正解☆

なんにももらってないけど「うほっ!これはいいファンブック!」と思ったので紹介してみますた。
興味のある方は是非手にとってご覧くださいまし♪

あと、ヤングガンガン オンラインにも、読みきりで出張版のサンレッドの漫画が掲載されているのでチェキ!!
※コミックには収録済ですので、コミック購入してない方におすすめ

もしこの記事が参考になりましたら、よろしければポチっと☆してくださると励みになります↓


柳原可奈子の本&初マカロン

2009.05.12(23:41)
[5/21に書きました]
あまりの眠さにレビューをやろうかと思ったのですが、アニメ視聴は断念、漢検記事をUPしようかと思いましたが、だるくて断念、一言報告記事に流れる管理人です。

週の後半は睡眠不足が重なってきてつらいの・・・。
だいたい水曜あたりになると(ひどいときは月曜から)、「早くゆっくり寝たい」ということしか頭になくなってきますからね。萌えのカンフル剤でなんとか乗り切る感じです。
で、週末は昼過ぎまで寝てる、と。

いかんいかん。今日こそは12時就寝をめざしますよ。




前置きが長いわけですが、柳原可奈子の本が出てたので、「このさいゴーストライターが書いてたとしてもいいや!」と買ってしまいました(^^)

いや、多分ちゃんと本人が書いてると思うけども。

だって、彼女のつくった各キャラのプロフィールが載っててちょっと嬉しかったんですもの。


あと、いまだに彼女の芸を見たことがない友人(気になっているらしいのですが基本的にTVを見ないので遭遇しないらしい)に少しでも情報を!と思ってww

特に新キャラのスタイリスト・北条マキを取り巻く人物相関図がよかった!
こんな設定までされてるのねwww

離婚暦があるらしいのですが、
「イヤだバツイチじゃなくてマルイチ。バツだなんて思ってないわあのこと」という答えが「らしい」。

柳原可奈子は「いそういそう」というキャラを上手くつくってますよね。



柳原可奈子の気になっちゃう感じですか?
柳原 可奈子
幻冬舎
売り上げランキング: 4758
⇒続きを読む

近代文学と漢検1級について

2008.09.16(01:32)
[9/27にUPしました]⇒カレンダー埋め埋め。
朝の学習は出来ない日がたまにあったり、疲れて5分で寝てしまう日もありますが、10~15分くらいで続けています。

昨年あたりから、明治~昭和初期あたりの日本文学を読もう!と思って意識的に今まで避けてきたジャンルの作品を読んでいます。
(どうも辛気くさい、という理由で長年海外文学の方が好きでした)

同じような方も多いと思いますが、管理人の場合、一人の作家の作品は何作か続けて読むことにしています。

繰り返し出てくるモチーフなどから、その作家の個性がつかめてきて、覚えやすいからです。


展覧会で一人のアーティストの特集があると、やはり印象に残りやすいのと同じですね。
小説に限らず、ある1ジャンルについても、集中して読むと頭に残りやすいのでそうしてます。



そんなこんなで今年は尾崎紅葉、森鴎外、尾崎一雄(尾崎つながりで横にあったので(^^))、川端康成あたりを読んでます。

一番面白いと思っているのは尾崎紅葉ですね。 ⇒続きを読む

スピリチュアル本すぺさる☆

2007.11.27(00:10)
[11/28に書きました⇒11/29深夜にUP]
【睡眠状況】
27-28日にかけて、1:00すぎに就寝、しばらく眠くなるまでマンガを読む(30分くらい)⇒寝る⇒寒くて5:00に目がさめる⇒うだうだ⇒6:30に起きる、というわけで同じパターンを繰り返してます。

今年に入ってかなり江原啓之の本が出ましたね~。
ちょっと前に出たものも含めて一挙に一言感想。
⇒続きを読む

おすすめのお散歩地図

2007.11.25(22:51)
[2007/11/26に書きました]

【かなりどうでもいい本日の管理人の健康管理コーナー】

連休が終わり再びお仕事再開です。引き続き6時間睡眠を目標にしていますが、寝る前にちょっとしたゴタゴタがあり、以前よりはかなり冷静になってきたのですが、やっぱり少しだけ寝つきが悪く1時半就寝⇒5時半にオットの人がごそごそしてたので一回目が覚める・「ゴミ出してくれてるんだね、ありがとう。でもガサゴソうるさいよ・・・」と思いつつ寝る⇒6時半起床(最近6時ぴったりには起きられない・・・)
で、5時間睡眠。

このところ貧血気味だったせいか、帰りの電車で爆睡してありえないほど汗をかく。これはこれでいい感じデス。即効着替え。

あと、やっぱり千歳飴一気食いもよくなかったようで反省。
今日は昼食・夕食は和食メインでカロリー控えめにしますた。

なんといっても定時で帰れたよママン!!7時に帰宅できるって素敵☆


でもアレコレやってから夕食食べようと「ハイジ」をつけたら、なんかいきなり山でクララと楽しそうにしていて「あれ?先週猫嫌いのロッテンマイヤーさんにいじめられてなかったけ?」と混乱してたら、終わった。なにか色々展開があったようで、山に戻れたということらしいデス。

EDで出てくるかたつむりがヤギと同じ大きさでびびる。


で、本題。

管理人はかなり地図が好きデス。
(その割りに迷ったりもしますがw)
⇒続きを読む

最近読んだオタク関連本

2007.11.07(00:06)
[11/8にUPしました]
最近読んだ中から、オタク関連系の本をピックアップします。
⇒続きを読む

美術検定の問題集

2007.07.25(00:09)
最近これを買って寝る前にパラパラ見ています。



今のところ、受験はするつもりはないのですが、世界史・日本史の文化史の復習にもなるのでこの問題集を解く(というほど難解ではなく、気軽に読める感じ)のはなかなか面白いです。

この数年はかなり美術館に足を運んでいるのですが、現代美術はなかなか作家名を覚えられなかったりするので、これで知識の再確認ができて便利デス。

とくに、現代美術のあたりはこれで読んでなるほど、と思ったりはじめて得た知識も多いです。

クイズ形式で一問一答のため、すぐに確認できるので気の短い人にオススメです(^^)
美術検定の公式ページ

スー・グラフトン キンジー・ミルホーンシリーズ

2007.07.20(17:06)
[7/22に書きました]
サラ・パレツキーの「V・I・ウォーショー」スキーシリーズとともに、女探偵ものの定番となった感のあるスー・グラフトンの「キンジー・ミルホーン」シリーズは「アリバイのA」から始まってアルファベット順に刊行され、早「R」まで日本語版は出版済みです。

パレツキーの方は実は未読ですが、キンジーのシリーズはほぼリアルタイムで追いかけているしのぶんです。

が、この数年は多忙に紛れて忘れていて、ふと実家に行ったら「ロマンスのR」まで置いてあったので、「O」~「R」までを借りて帰ってきました。

グラフトンの秘密、みたいな感じのグラフトン研究書「グラフトンのG」も持っていたのですが、現在実家にあるか自分の本棚にあるか行方不明なので、最初の頃のシリーズなどの説明が上手くできないのですが、とりあえず、一気読みしたので簡単に感想を。
⇒続きを読む

なつかしの昭和

2007.06.02(00:01)
[6/3に書いてます]
「最近」の定義が物心ついて記憶がはっきりしている頃までつい遡ってしまう管理人です。

本当に記憶がぼんやりしている1桁前半の年は「昔」、80年代は意識もはっきりしてるので最近、平成は「つい最近」という認識のバリバリの昭和生まれデス★

気がついたらなんか赤子だった姉の息子が成人してたりしてね・・・(遠い目)

そんな30代以降の仲間に是非オススメしたいのがコレ!!
つい本屋で見かけてフラフラと手に取り「ああ、そういやこんなのあったっけ~」と記憶をなぞることに夢中になってしまい、購入。

「続」なので、当然先行発売の昭和前半編があるわけですが、こちらは世代が違うので、ワレワレ(ってくくっちゃうYO!)が楽しめるのは1979年から始まるこちらではないかと!
ときどき挟まっている「当時コレを書いている」という設定のもとの考察などはかなり皮肉が利いてたりして(笑)
(清純派の高部とも子が「積み木くずし」という過激な役をやるのはどうか、とか)

ゲームセンターあらしの出てくる4コマも載ってます。
ファミコンの変遷をたどることもできるので、実は「漫画に出てくるファミコンネタがよくわからないYO!」ととまどっているうすたファンや空知ファンの若者にもオススメだ!

特撮、ロボットアニメなどもカバーしており、ヤマトやガンダムについてもおさらいできます。
知らなかった・・という当時のオタク世界も(999列車が実際に走ってファンが殺到など)伺えるので、オトナになって病が悪化した管理人には勉強になりました。

思い出の昭和こども新聞 (続)
昭和こども新聞編纂委員会
日本文芸社 (2006/11)
売り上げランキング: 67878
おすすめ度の平均: 4.0
4 懐かしーなー!


こちらが大もと。50代以上にはこっちのほうがピンとくるかも?
懐かしの昭和こども新聞―大好きだったテレビもマンガもおもちゃも大集合!
昭和こども新聞編纂委員会
日本文芸社 (2005/11)
売り上げランキング: 64976

よろしければポチっとな★してくださると嬉しいです(*^^*) ↓

古典のすすめ・源氏物語

2006.07.05(23:40)
語学の話が脱線して、「源氏物語」について書いてたら長くなったので別記事にしました。

「源氏物語」といえば、最古の女流文学としてあまりにも有名で、とりあえず古文の問題文の出典率がおそらくナンバーワンと思われる名作です。

エッセイである「枕草子」と並んで評されることも多く、この両者はそれぞれ好き嫌いが分かれる作品でもあります。

うちのママンも「源氏は男女関係がドロドロしてていやだけど、枕草紙は好き」派です。

しのぶんはどっちも面白いんですが、特に源氏は、なんというかぶっちゃけ「同人誌」だよね、という感じで長くて登場人物が多い分、色々ツッコミどころもあってより張り切って読んでしまいます。 ⇒続きを読む

音楽関連本

2006.06.23(00:57)
ベスト・クラシック100などがベストセラーになったり、モーツァルトイヤーだったり、オペラを上演する劇場ができたり、最近(しのぶんの言う最近はここ10年くらい)クラシックがとても身近に楽しめるようになりましたね。

しのぶんはクラシックにはそれほど詳しくないのですが、その分アレコレ観たり聴いたり、本を読んだりして、色々知ることが楽しい毎日デス。

そんなわけで音楽関連の本をいくつかご紹介します。 ⇒続きを読む

読書速度の判定テスト

2006.04.29(02:33)
以前にもやったことがある記憶がありますが、読書速度測定に挑戦してみました。

こちらのページで、読書スピードがはかれます。
⇒続きを読む

エイプリルフールネタ

2006.04.02(00:03)
えと、下の記事はエイプリルフールネタでした~。え?バレバレ?!へたくそなウソ記事ですみませんでした~m(_ _)m

まあ、よく読めば普段の記事は腐女子全開なので、一応しのぶんが(イタイ)女だということはわかるといえばわかるというか。
⇒続きを読む
| ホームへ |
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。